3つのポイントを守って長続き!セフレとの関係を考える

セフレの条件といて、どうしても外すことのできない面として、体の相性というものがあります。
ここをクリアしていないと、そもそもセフレとして成立するのかどうか怪しくなってしまうもの。
ここの部分をキチンとしておかないと、せっかく見つけたパートナーを失ってしまうことになりそうです。
どうしたらこの部分をきちんと押さえて長続きするのか、考えてみることにしましょう。

お互いの意見や気持ちを尊重する

大切なのは、自分の気持ちではなく、相手の気持ちを大切にすること。
そして、どのようにしたら満足してくれるのかを常に考えることです。
セックスは、お互いの感情が一番良く表れるコミュニケーションといってもよいでしょう。
自分自身のエゴや、考え方の押しつけや、自分勝手な行動は、たまの1回なら許されますが、長い間は決して続きません。
まずは、相手のことを考えて、どうしたら満足してもらえるのか、どうしたら気持ちよくなるのかを考えていくことが大切です。
自分自身が相手にしていることは、必ず返ってきます。
相手に冷たくあたっていると、自分にもそれが返ってくるものです。

ワンパターンを避ける努力をする

長く付き合っていると、何でも避けられないのが、このワンパターン化。
プレイのワンパターン化、場所のワンパターン化、気持ちのワンパターン化など、誰でもつまらないものです。
どうしたら、この状態に陥らないようにするのかを、2人で真剣に考えましょう。
一番よいのは、やはりきちんと話し合うことです。
こうした方が良い、ああした方が良い、という意見交換は、コミュニケーションにもなって、非常に良いと思います。
最初の、プレイのワンパターン化ですが、原因は男性だけではありません。
女性だって、受け身ばっかりでないのか、よく振り返ってみましょう。
男性は、女性の積極的なセックスを好む傾向にあり、そうしてもらった時には非常に興奮するようです。
このように、興奮する、ドキドキ感を持続させることが、プレイでのワンパターン化を防ぐコツと言えるでしょう。
セフレなんですから、セックスでのプレイ内容に、特にタブーは存在しないはず。
相手が嫌がったり、痛がったりしない限り、積極的にトライしてみましょう。
そして、場所に関してですが、どうしてもセフレという関係上、自由に行動しづらい事情もあるのも事実です。
範囲に制限はありますが、その中でも常に異なった条件などを付けて、場所の変化を楽しむことが重要です。
部屋であれば、模様替えをするだけでも効果はありますので、ここも2人で話し合うことをオススメします。
最後の気持ちのワンパターン化ですが、これは上記2つをクリアしていくと自然に解消されるものです。
面白いもので、気持ちというものは、ドキドキ感の持続があればワンパターン化には陥りにくいもの。
まずは、このドキドキした感情というのを大切にしましょう。
会ったばかりのドキドキ感などは、けっして忘れることのないように、その時の心情を自分なりに分析してみるのもよいでしょう。

しっかりと自分の気持ちを伝える

お互いの意見をきちんと尊重できていれば、自分自身の意見や気持ちを相手に伝えることができるはずです。
プレイ内容にしても、ここをこうしてほしい、とか、こうした方が気持ちよい、とか、こんな感じを取り入れてみたい、などなど、普段何気なく思っている気持ちをきちんと伝えてみましょう。
相手の気持ちを尊重している仲であれば、きっと受け入れてくれたり、試してみてくれたりするはずです。
もちろん、相手からそのような提案や意見があったらきちんと受け入れる体制は常に持っておきましょう。
これは2人だけの問題なのです。
その時に、他の人はどうしている、とか普通は……などという一般論はいりません。
お互いの世界を作って良いのですから、まずはトライしてみることが大切なのです。
案外、相手から言われたことで、はっと気が付くことがあったりするものです。
自分勝手な思いなどは、ここで思い切ってただすことが必要ですね。

長続きする関係とは?

こうやって考えてみると、セフレの関係を長続きさせるためには、恋愛感情とほとんど変わりないことがわかるでしょう。
もしかしたら、恋愛感情を超越した夫婦のような関係を感じる人もいるかもしれません。
気持ちというのは、セックスにとても重要な要素なのです。
セフレだからこそ、セックスの時に気持ちを入れていないと、長続きしません。
セフレだからと言って、ここをおろそかにしてみたら、それこそ根底から関係をひっくり返してしまうものです。
ポイントをきちんと押さえて、長続きするコツを2人で探すのがベストです。
セフレになったきっかけを、思い出してみてください。
きっと、特別に惹かれあった内容があったはずです。
その思いは、なによりも大切です。
これは、恋愛感情と同じです。
逆に、恋愛感情ではない仲だからこそ、大切にしなくてはならない部分があることをお互いに理解することも大切です。
お互いのセックスライフには欠かすことのできない相手なのでしょう。
お互いの意見や気持ちを尊重し、ワンパターン化をはねのける努力をして、自分のしてほしいことをちゃんと伝えましょう。
そうすれば、自然と長続きしますよ。
何よりも大切な相手になる可能性のあるセフレ。
今からでも遅くはありませんので、ポイントをもう一回見つめ直してみてはどうでしょうか。